トレンド

孫悟空も大激怒……モバイルバッテリーを回収したゴミ収集車の悲惨な末路は嘘だろ……

2021年1月7日

 

こんにちは!HARUです。

今回は、皆さんお馴染みモバイルバッテリーの危険性についてお伝えしていこうかと思います。

一歩間違えると大惨事!ということでご覧のように孫悟空さんも大激怒しております。

 

実はこんなツイートを見つけました。

モバイルバッテリーの分別を間違えている時点で困ったなーと思いますが、

モバイルバッテリー・電池をはじめ「電気を中にためておく」製品は扱いに注意が必要です。

 

 

モバイルバッテリーはとてもデリケートな電化製品

 

モバイルバッテリーには、電気を溜め込むことのできるリチウムイオン電池というものが内蔵されております。

この小さいモバイルバッテリーの中に多くの電気をため込んでおり

もし破損したり回線がショートしたりするとこの膨大な電流は外部に放出されることで「発火や爆発」が起こります。

 

モバイルバッテリーが故障して大惨事につながる原因は主に下記です。

①モバイルバッテリーの製造工程のどこかで不純物が入るなどがある。

②モバイルバッテリーの製造時点でリチウムイオン電池の回路(電流の流れ道)が故障している。

③モバイルバッテリーをポケット谷バッグの底に入れてつい良い圧力をかける。

④高いところから落とす。

⑤真夏に車の社内に放置する、高温の環境

 

モバイルバッテリーはとても繊細な機械だということをわかっていただけたでしょうか?

①②は初期不良ですので防ぎようがないですが、③④⑤は私たちの使い方で防ぐことができますね。

もしモバイルバッテリーが熱くなっているときは一旦使用を止めて冷めてから使うようにしてくださいね。

 

プラスチックごみの日に捨てられたモバイルバッテリーを回収したゴミ収集車は……?

最後に「孫悟空が怒った!プラスチックごみの日に捨てられたモバイルバッテリーを回収したゴミ収集車の末路は下記です」

ゴミ収集車が燃えてしまったそうです。

大きなニュースにはなっていないのでおそらく車のみ少し発火しただけなのかなと思います。

じかしながら、1歩間違えば街全体が火の海になっていた可能性もあります。

恐ろしいですね。

 

モバイルバッテリーやスマートフォンの中にある「リチウムイオン電池」による火災事故は、2017年までの5年間東京だけでも168件にのぼります。

負傷者も41人と結構危険です。

ツイ主さんは注意喚起の為に呟いてくださったのだと思います。

皆さんもごみはしっかり分別するとともに、モバイルバッテリーの扱いに破十分注意してくださいね。

 

ゴミ収集の皆様いつもありがとうございます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

-トレンド
-

© 2021 トレンドニュース Powered by AFFINGER5